受け取られるような行為

すべては人間の自発的かつ内省的な倫理観とそれに基づく法規制のあり方に、『動物の処遇で許されること・許されないこと』は委ねられているが、

先 進国でいくら倫理観がセンシティブに高度化して、『人間に近い動物の権利』を認めるようになっても、食肉や鑑賞を完全に禁止するほどの権利を動物に認める ということは当面有り得ないだろう。 先進国の大多数が同意する規制(処罰)されるべき動物虐待は、『虐待するために虐待する・殺すために殺す』という嗜虐性・目的性を持った行為であ る。
『無益な動物の殺生・虐待』と受け取られるような行為は法律で規制されたり、 闇金相談 大阪法的処罰がなくても道徳的に非難・攻撃されることになる。
反対に食用・実験用をはじめとして、『~のために殺さざるを得ない』という他に代替手段の乏しい手段的な殺害行為であれば、動物虐待とは通常見な されない。
『自然の摂理(食物連鎖・生態系の仕組み)としての動物同士の捕食・殺し合いは容認すべきだ』という自然主義的な倫理観の影響も強く見られる が、この場合には『人間の意思・行為・欲求=非自然的な人工物』の取り扱いにされていることが多い。