孤高のガンマン

小栗旬は声優のような声芸でもいける俳優だったんだな、アニメ版のルパン三世に近い声色を使っているが、コミカルな愛嬌のあるキャラクターでありつつ、

それほど違和感がなくて良かったと思う。
もんちっち風の髪型もだが、原作でルパンが愛用している濃い赤のビロードのタイトなスーツも似合っている。
ちなみに映画が始まる前の『映画泥棒の犯罪CM』も、『こそこそちんけな盗みをしてるんじゃねぇぜ』のルパン三世バージョンになっていた。 声色という意味では、銭形警部役の浅野忠信もアニメを意識した声作りをしているのだが、銭形警部のほうが声を似せるのは難しそうで、小栗のルパン ほど声の個性化には成功していない。
しかし、浅野忠信の銭形警部も、作品世界にフィットした役柄になっており、要所要所で存在感を示している。
玉山鉄二の次元大介は髭面が似合い過ぎていてとにかく渋いね。こちらも黒の細身のダークスーツを着こなして、孤高のガンマンのような風貌が出てい てかっこいいのだが、今となっては時代遅れ(嫌煙家・禁煙運動団体からは怒られかねない)の『くわえタバコ』のシーンが妙に決まっている。