特許

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、全身の脂肪の占有する率のことを指し、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重×100」という計算によって弾きだせます。
アメリカやEU圏では、新しく開発された薬の特許が切れた4週間後には、市場の80%がジェネリック(後発医薬品)に変更されるという医薬品もあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は先進国で採用されているのです。
スマホ使用時の強くて青っぽい光を和らげるレンズの付いた専用メガネがいま最も人気を集める理由は、疲れ目の軽減に多くの人が四苦八苦しているからだと推測することができます。
アルコール、薬、合成発色剤を始めとした食品の添加物等を酵素によって分解して無毒化する機能を解毒と呼び、肝臓の担う大事な職務のひとつです。
耳の内部の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に大別できますが、中耳の辺りに黴菌やウィルスなどが付着し、炎症がみられたり、液体が溜まる病が中耳炎なのです。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を保持していない非医療従事者でも使う事のできる医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスの通りに扱うことで、心室細動に対しての応急処置の効き目をいかんなく発揮します。
吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は血を吐くことですが、喀血というのは喉から肺をつないでいる気道(きどう、呼吸器の一種)から出血することで、吐血は無腸間膜小腸よりも上の消化管から出血する症状のことを言い表しているのです。
流感とも呼ばれるインフルエンザに対応している予防の仕方や病院での手当といった類の必然的な措置そのものは、季節性のインフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザであってもほとんど同じです。
トコトリエノールの効果としては酸化を防ぐ作用がおそらく一番認知されてはいますが、これ以外にも美肌作用や、血清コレステロールの生成を抑制したりすることが認められています。
BMIを算出する式はどの国にも共通していますが、BMI値の評価基準は国家単位で少しずつ違い、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22が標準体重、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と決めています。
毎日の折り目正しい暮らしの継続、腹八分目を忘れないこと、持続可能なスポーツ等、アナログとも言える体に対する取り組みが皮膚のアンチエイジングにも活用されるのです。
緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩こりや首筋の凝りによる慢性頭痛で、「まるで締め付けられるような強い痛さ」「重くてたまらないような酷い痛み」と言い表されています。
頸椎などが痛むヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨の間に存在して緩衝材的な役目を担っている椎間板という名前のやわらかい組織が突出した様子を称します。
もし婦人科の検査で残念ながらエストロゲンとゲスターゲンの量が基準値よりも足りず早発閉経(Premature Ovarian Failure)と分かった場合、不十分な女性ホルモンを足してあげる処置等で緩和することができます。
グラスファイバー製のギプスは、非常に丈夫で軽い上に長期間の使用に耐えることができ、なんと濡れてもふやけずに使用できるという特長があるため、現代のギプスの中でも王道となっているのです。