ファンドを開発

金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会とは?⇒協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の株券など、有価証券の取引等を公正で円滑にし、金融商品取引業の調和のとれたさらなる振興を図り、投資者を守ることが目的。

いわゆる「金融仲介機能」「信用創造機能」そして「決済機能」以上の3つの機能を通称銀行の3大機能と呼び、基本業務である「預金」「融資」「為替」さらにはその銀行の信用によって機能していると考えられる。

結局、第二種(第一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者が投資信託などファンドを開発し、うまく運営していくためには、大変たくさんの、業者が「やるべきこと」、さらに「やってはいけないこと」が法律等により定められていることを忘れてはいけない。
金融庁の管轄下にある日本証券業協会の解説。証券会社等の有価証券(株券や債券など)の売買等に関する取引業務を厳正に加えて円滑にし、金融商品取引業界全体の調和のとれたますますの発展を図り、投資者を守ることを協会の目的としている。

金融庁が所管する保険業法の定めに従い、いわゆる保険企業は生命保険会社または損害保険会社の2つに分かれ、どちらの会社も免許(内閣総理大臣による)を受けた会社でないと販売できないきまり。