10時那須着。

23日、月曜日5時起きで王子へ向い、王子から車で那須へ。

10時那須着。
個人の別荘だが、1人で年配者が住んでいる。(ご夫人や娘さんは東京にいるままとか)

築20年の別荘の木部のみの塗装なのだが、半端に木の部分があるので作業は難航する。
岩登り用の滑車まで持ってきたが、使わずに済んだ。
夕方、仕事を切上げて買出しへ行く。
焼きそば、その他バーベキューになるが、肉は僅か。
丸型の一斗缶と言うか、18Kg用の缶に穴を開けて焚き火で火を作る。
周りには枯葉や折れた枝などが沢山落ちているのでペンキ屋持参のガスを使わずに済む。
ここは高校時代、3年間マキ風呂で鍛えたシエルの技がモノを言う。
枯葉に枝を大小拾ってきてティッシュ数枚で見事に着火、即食事に移行。
21時就寝(別荘の下の部分にテントを張って寝る)。
飲酒ナシ。
ペンキ屋の親父とは山岳会で長年の付合いだが、テントの中で一夜を共にするのは初めてか?