繊細な感性があるからだよ

アメリカの属国ばかりじゃないかー、

日本も占領されて、軍隊で制圧されている属国のさいたる国だけど、
世界は日本をなぜ尊敬してるか、
それは文化の深さがあるからだよ。

英語みたいな単純な言葉で表現できない繊細な感性があるからだよ。

風、といってごらん、
雨といってごらん、
どんだけ言い方があるか、英語なんかほとんどないぞ。
心が渇いてる民族を真似する必要がどこにあるんだ。

知人の加藤登紀子が、繊細さを守ろうと奮闘してる。
以下久しぶりの自分で浮気調査記事。

1942年生まれの二人の男に大きな刺激をもらったこの一週間。 12日に記者クラブで画期的な講演を展開した小泉純一郎氏。 そして18日、東京ドームの初日を飾ったポール・マッカートニー。

まずポールから語ろうか。

はじめから感動するに決まっているライブだとはいえ、アンコールを含めると、37曲もの歌を見事に聞かせてくれたポールに感謝だ。数万人というスケールのドームだから、映像を駆使し、大写しになったポールの顔も見られ、レーザー光線もフル活用の照明もサービス満点だったけれど、やっぱり圧倒的に良かったのはアコースティックギター一本で歌った数曲。照明も何もいらない! ポールの歌だけで十分だった。