国文の私

家相の化政期の秘伝書は、草仮名と漢文が混在するようなものが多いです。
国文の私も読む のが骨なのに…旧制の学力は、凄まじいですね。

しかも、清家さんしか持っておらず、国会図書館や国文学研究資料館にもないのがあります。そ れにしても、伝統と断絶しなかった清家さんの家が古びず、黒川さんの家が色あせるのは、皮肉です。
離婚が多い…なるほど。目からうろこです。
たしかに、ギ スギスした精神状態になりそうですね。。
「声が聞こえにくくなる」とは、『家相の科学』と同じで、いわく言い難いものを、分節化すると、確かにそうなりま す!
亡くなった人の住む陰宅について、日本では埋葬の場所が固定され、生きた人の住む陽宅との関係を考えることができなくなったので、家相という考えがでてき たと聞きました。
死についての考えが違うようですね。でも、殿様の墓は城との関係を明らかに考えているように思われます。
何でもご存じですね。寺請け制度がありましたから。隠宅は墓石がどうの…というより、地勢が大切で、地勢が江戸時代は選べなかかったですから。