二度とあんな経験は厭です。

駆け付けたのは、国鉄職員たる「鉄道公安官」か、駅を管轄する警察署の警察官でしょうね。
そうですか「鉄道公安官」でしたか。

私にとってはどちらでもいいことですが、 警察に連れて行かれ取り調べを受けました。 「被害者」が告訴をしないと言ったらしくて、 逮捕拘禁は免れました。
事情を説明し私が公立高校の教師であることが判ると 取調官の態度が目立って変化しました。 何しろ被害者の女子高校生がいないのでは話になりません。 その日は丸々学校へは行かせてもらえず、 キャッシング審査甘い即日融資取り調べを受けました。 警察の電話を借りで校長に事情を話し 年休ということで処理してもらいました。
もう二度とあんな経験は厭です。
僕たち団塊の世代が生まれ育った環境は それはそれは不潔だった。
台所には鼠が走り回り、便所は汲み取り式、 トイレットペーパーなどの贅沢品の存在すら知らずに、 新聞の切った奴を使っていた。 そこから発生する蠅が食事にタカるものだから 卓袱台の上には蠅取り紙がぶら下がり 夏などは蚊に刺されるのが当たり前、 しょっちゅう日本脳炎が流行っていた。